30代 女 独身 忍者ブログ

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
maomaonyannko
性別:
女性
職業:
派遣社員
趣味:
引きこもり
自己紹介:
セレブなんて言葉がはやっているが、そんなもんとは全く無縁。
金無し・友達無しの30毒女の生態日誌。
バーコード

毒女が選ぶモノ
ёデイリーな服 6/5更新
ё下着
ёパーティ・SEXY系ウェア・下着
☆MP3プレーヤー 
☆靴(サンダル・ミュール・パンプス)
☆ピアス・ネックレス・ヘアアクセ(コーム・かんざし) 



↑香水も大人の女のポイント。つけすぎ厳禁だけど。季節ごと・シーンごとに使い分けるのが大人の使い方。


↑ストレス発散の方法は色々あるけど、お手軽なのはやっぱりインセンスだったり、バスタイムだったり。
そのお手伝いをしてくれるお店です。
今日のストレスは今日発散!!
毒女の気になるモノ




レミオロメン<HORIZON>
例の「粉雪」が収録されてます。一度聴いてみませんか?


MONKEY MAJIK / thank you
月9ドラマ西遊記の主題歌で一気に認知度UP!正直ドラマはどうよと思いましたが、主題歌は相当気に入りました。アジアンチックなあの主題歌の他どんな音楽を聴かせてくれるのか、入り口には丁度いいアルバムだと思います。


InK / C-46
麻麻猫は電グルがすごく好きでした。あのメロディアスなシンセミュージックが無茶苦茶ツボでした。その電グルの石野卓球さんと、TOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシさんと新しく結成したユニットという事で物凄く期待してます!!
ブログ内検索
なんか探してみる??
アクセス!!


アクセスカウンター
30代半ば毒女の日常
2017/08/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/06/25 (Sun)
どうやらダーの中で木曜の夜は麻麻猫に連絡をする日らしい。
よくよく考えると木曜の夜は必ず電話がかかってきている。
先日の木曜の夜も電話がかかってきた。
基本はやっぱり仕事の話だったりするのだが、なんとはなしに「元気がない?」というような事を聞いてきた。
「こないだも泣いてたし・・・」
と聞いてくれたので今現在の不安を全部ぶちまけてやった。
そしたら「麻麻猫さんにとって俺の事がストレスになってるの?」と。
「そうかも・・・」と答えると沈黙。
これはもしかして「ストレスに感じるなら別れましょうか?」と切り出される?!と一瞬やな考えが浮かぶ。
「いや、私が勝手に心配してるのが悪いんであって・・・」とちょっと言い訳。
「・・・そっかぁ、俺がストレスかぁ、どうしたらいいんだろう・・・俺がなにかしてあげれるかなぁ・・・」
とダーがぼそっと言った。
そっちですか?
そう言ってくれるんですか?
もう、そう思ってくれただけで十分です。
心配が殆ど吹っ飛びました。

話の中で「俺、人前とかでべたべたするの嫌なんですよ。」と言ってた。
でも二人っきりの時は優しいし・・・って、なんかかつての麻麻猫の理想の男像にはまってるじゃん。
とその時気付いた。
気付いた瞬間、また惚れてた。

結局珍しく金曜日も電話をくれた。
そうすることがダーなりの解決策だったみたい。
そうやって気を使ってもらえてるのに、贅沢な悩みだったみたい。
今度は麻麻猫が気を使うようにしようっと。
PR
2006/06/19 (Mon)
一昨日からダーからはなんの連絡も無い。
麻麻猫はちょこちょこメールしてるのだが、なーんの返答も無い。
今朝も出勤前にメールしたが返事なし。
最初のメールが「暖簾に腕押しメール」次のメールは「糠に釘メール」と書いたから嫌味にとったか?
最後に「本音」と題して「単純に返事が無いと不安で寂しーんだよ。」と送信。
始業直前だったから返事来ないのはわかってて。

始業後、単純作業をしていたら、横から「お疲れ様です。」の声。
「はぁ。」とPC見ながら作業を続けてたら小声で「元気無い?」と。
えあ?と思い、そっちをみたらダーだった。
ちょっと眼鏡越しに頬を膨らませて見上げた。
でも、自分って正直だなぁと思ったのは、顔を見た瞬間笑顔になった自分に。
「なんかあった?」
周りに悟られるわけにはいかないので即効先輩モードに突入。
用件を聞いて預かるもの預かった。

その後、ある疑問があってダーのところへいく。
ダーの所属部署で管理してる問題で、一応ダーに「この件誰に聞けばいい?」と聞いたらダーが調べてくれた。
調べてる最中に、さっき社員さんがイメチェンした麻麻猫に一瞬気付かなかった話をしたら「化け物やけんね。」と一言返された。
「はぁ?なにそれ、むかつく~。」なんて言いながらちょっと幸せな一時。
それだけで今日は一日幸せだったのでした。

単純・・・orz
2006/06/17 (Sat)
会社帰りに同僚の子達とお茶をした。
基本的に会社の事ばかり話をしたけど、結局3時間はベローチェにいた。
さぁ帰ろうと駅の階段を上って、携帯をみたらダーからの着信が3件。
すぐに折り返したら、会いたいので二つ先の駅で待っててほしいとの事。
麻麻猫たちがお茶をしている間に、ダーは自分とこの部署の同僚+上司と飲んでいたらしい。
待ち合わせの駅にあるマックで二人でお茶をした。
これまた他愛の無い話(仕事関連メイン)で閉店時刻まで。
駅のホームで二人でまた話をする。
ほんとはいちゃつきたかったんだけど、ダーがそれを許してくれない。
結局最後まで、キスはおろか、抱きしめてもくれなかった。
お互い帰りは反対方向の電車なので、一人で電車に乗った瞬間寂しさがこみ上げて少し泣いた。
そしたら携帯がなりはじめた。
出てみるとダーから「どうして泣いてるんですか?」との問いかけが。
「そういうのって、重い。」とも。
「だって、抱きしめてもくれなかったから。」
と答えると、「誰が見てるかわかんないじゃないですか。」と一言。
その後ダーも電車に乗ったので、一回電話を切った。
やばっ。
重いとか言わせちゃった(・▽・;;;;;)
すぐメールを送った。「ごめん」と。
で、更に自分の最寄り駅についてメール送信。
『今日逢ってもらっただけでも幸せなのに、わがまま言ってごめんね。』
と。
暫くして電話がなった。
話をしていると、どうやらダーは前の会社で社内恋愛をして、それがばれた時に相当きつい思いをしたらしい。
で、今麻麻猫は肩書きを持つ身だし、ダーもみんなへの仕事を仕切る立場なのでばれて仕事がしにくくなることをすごく心配している事を知った。
まぁね、お互い新しいプロジェクトがスタートする大事な時期だし。
そして、それはダーがここで仕事を続けたいという気持ちの表れでもあるし。
「わかった。でも次回誰の目もはばからないで大丈夫なところで会った時はたくさん抱きしめてね。」と言うと頷いてくれた。
「なんか、麻麻猫さん強がってません?」
そうそう、それ、それを知ってほしかったのよw
心の中で今回の駆け引きが成功したことを実感。
「え?そんな事ないよ?そう感じる?」なんてすっとぼけた返事をすると「女は魔物だから、騙されないようにしなきゃ。」なんてw
でも、麻麻猫も気持ちはすっきりしたし、「私は他の人たちより一歩リードしてるのかな?」の問いに「いえ、独占状態ですよ。」と答えてくれた事にさらに満足。
暫くは駆け引きをするのはやめようと心に誓ったのでした。

あんまり試すような事するとほんとに引かれちゃうのでw

2006/06/13 (Tue)
ってな訳で、ただいま禁煙3日目突入ですよ。
一番ひどい禁断症状が出てきてる気がする。
ダーの奴、結局連絡もよこさなくて、今日は仕事休みやがった。
ただでさえ、禁断症状でうつに近い状況になってるっつうのに。
不安感だけが増して最悪な考えばかりが浮かんでは消える。

で、昨日の夜電話がかかってきてさっきまで話してたさ。

なんか、熱出して休んでたらしい。
嘘かほんとか知らんが。
でもって麻麻猫に向かって「禁煙?麻麻猫さんが出来るわけないじゃないですか。」とほざきやがった。
「なんかむかつくーっ。」と言ってたら「これで、悔しさで禁断症状も和らいだでしょ?」だと。
何コントロールされてるんだ自分・・・orz

でも、最近色んな事に不安を感じていたので思い切ってぶつけてみた。
で、結論は「麻麻猫が都合のいい女でいること。」らしい。
なんだよ、不倫と変わんないじゃん。
と言うと、「え?誰も結婚してないから不倫じゃないですよ。」ときた。
あほか。
ただ、話してくれる事が少なすぎる・・・と言ったら、あまり話しすぎると追い込まれるのが嫌だと言われた。
前の彼女もその前もそんな感じだったらしい。
ふーん、そうなんだ。
ではでは、わかんないように上手に追い込まないとって事ね。
なんて、麻麻猫はそんなに器用じゃありませんが。
まぁでも、一番聞きたかった「麻麻猫は好かれてるのでしょうか?」という質問には「はい・・・・・・・・・・・むちゃくちゃ惚れてます・・・よ。」と返事してくれたから、少し落ち着いたかも。
嘘でもそう言ってもらえるとやっぱ落ち着くわ。
禁煙と色んな条件とが重なって、なかなか逢えないっぽいのは不満ですが、私も楽しみ方を少し変えるように努力しよう。と思ったのでした。
2006/06/10 (Sat)
昨日、麻麻猫は同僚との飲み会に出席していた。
先週ダーが参加するとかしないとか言ってた飲み会だ。
結局ダーは欠席。
で、麻麻猫は同僚の子たちとそれなりに楽しみながら飲んでいた。
いつもは芋焼酎なのだが、今回は久々に日本酒を熱燗で。
で、みんなと話をしているうちに、先週の飲み会の際ダーがある女の子に家まで送ってもらったという話が出た。
その子はちょっとなぞキャラで、時折ダーに気があるんじゃないんかなぁと思うことがあったので、内心おもしろくない。
ダーも送ってもらったなら送ってもらったで、言ってくれればいいのに。
で、即効ダーに「先週送ってもらったんだ。」と一言メールを入れたら「送ってもらったよ」とあっさりした返事。
「ふーん。ちょっとヤいた」と更に返した。
その後の返答はなし。
更には、麻麻猫とダーがくっつくきっかけになった女の子が、「○○くん熱は冷めたけどぉ。」と言ってはいるが、なんか細かいエピがぽろぽろ出てきて更に内心おもしろくない。
という状態で、遂に「今日そっちに行ってもいい?」とメールをした。
しばらく返事は無かったけど、一次会が終わって二次会に行く時に携帯を見たら着信が残っていたので、折り返した。
「どうかしたんですか?」
と言われ、「なんか会いたいんだけど。」と応えたら、「でも・・・」と口をつぐんだ。
どうも、別口の同僚達とクラブに行く約束をしていたらしい。
「3時とかだったら行けますけど。」
というので「じゃあネカフェで待ってる」といったら「え、そんなとこで待たせるの悪いし。」と言う。
「もうさ、泣きそうなんだよね。」
どうやらこれが決め台詞になったらしい。
その後、「じゃぁ、もういい。」と言ったら「泣きそうなんて言われたら会わないわけにはいかないじゃないですか。」と結局3時にネカフェで待ち合わせとなった。
相当酔っていた麻麻猫だが、待っている間に段々酔いが覚めてきて、自分がとんでもないわがままを言ってしまった事に気づいた。
うわぁやべぇ・・・
その後ダーが迎えに来てくれて、そのまま家まで送り返されるのかなと思っていたら、麻麻猫の家とは反対の方向へ。
結局何度か行った事のあるホテルへ直行となった。
ダーは土曜のお昼からレッスンが入っているから、なるべくそっちに近いそのホテルの方が少しでも寝れると判断したらしい。
朝起きて、シャワーを浴びて着替えた後、少し二人で話をしていた時、初めてダーが麻麻猫の前で少しステップを踏んでくれた。
その時の表情が、仕事の時よりもいい顔だったもんで、こいつはほんとにダンスが好きなんだなぁと思った。
結局お昼前にホテルの近くの駅で別れたけど、はぁ、なんだか少し申し訳ない気持ちがいっぱいで。
ほんとに眠たそうで「今日俺、体が動かなそう・・・」なんて言ってたし。
会えたのは嬉しかったけど、気持ちはすっきりしない逢瀬でした。
2006/06/06 (Tue)
昨夜ダーから電話がかかってきた。
金曜日の飲み会の報告と、現状についてがテーマだったらしい。
飲み会では相当楽しく過ごせたようで
「なんか色々悩んでたけど、結構ふっとんだ」
みたいな事を言っていた。

ふーん、よかったねー。
なーんか面白くなーい。

そんな気持ちが応えに出てたのだろう、「麻麻猫さん、怒ってる??」と何度も聞かれた。
「別に怒ってないよ。」
なんて返事はするけど、やっぱり面白くない。
半分は麻麻猫じゃぁ君の気持ちをそういう風に軽く出来ないのか?という嫉妬もあったり。
でも落ち着いて考えれば、ダーにとってはとってもいい事だったわけだから、結果よければすべて良しって事なんだろうけど。
でも言いたいことは言っちゃった。
「ぜーんぜん会ってくんないし、誕生日も黙ってろとか言ってたくせにばらしてるし。飲み会も結局参加するんじゃん。」
一生懸命言い訳してたなぁ。
まぁ、それ以上突っ込まなかったけどさ。

で、結局また長電話。
12時半から2時まで。

おかげで今日は眠くて、会社で新体制の説明会があったけど殆ど寝てました。

2006/06/03 (Sat)
昨日の話。
昨日の夜、ダーとお茶でもしたいなぁと思って木曜日にメールした。
夜電話がかかってきた。
夜・・・といっても夜中1時45分。
麻麻猫は寝てましたよ。
着信音で飛び起きて、何事かとわたわたしながら電話にでました。
ダーは今の仕事の人間関係にものすごく悩んでいるらしい。
というのも、ダー自身ここに入ってまだ半年ちょい。
しかし、いま所属しているチームは麻麻猫達とは異なる仕事内容で、簡単に言えば仕事をみんなに割り振りしたりしている。
そこはかつて麻麻猫も一時的に所属していたのだが、課長の勝手な判断で麻麻猫はお客様対応をしているほうがお客様対応の他の人たちにも活気を与える。(声がでかいからか?)という事で移動させられたという。
それは置いといて、まだ半年しかたっていないダーは、今そのチームの仕切りを任されている。
麻麻猫みたいに肩書きがあるわけでもないのにどうしてそんな事をしなきゃいけないのか。というのがまず1点。
そして、チームの中に使えない人間がいて、今まで何度も注意してきたのだが一向に改善の気配が無く、また同じようなミスをやらかしたのでついに仕事を取り上げ、他のメンバーに振ったらしい。
一応リーダーの社員さんがいるのだが、出張中で不在の時に起こった出来事で、それを気にしていたのが2点目。
そしてこれから社内の体制が変わるのでそのことについてと、自分は今後どうしたらいいのかその社員さんと腹を割って話したいというのが3点目。
その事を相談してくるので、一つ一つ答えてやった。
最終的には社員さんと二人っきりで社内で話すか、無理だったら二人で飲んでみるかという結論に。
それは金曜日決行という事で。
もし飲むということになれば、麻麻猫とお茶はできない。
まぁそれは仕方ないか。
と思った。
が、もし昼間社員さんときっちり話ができたら、夜は空くことになる。
しかし、同僚が来週の飲み会の下見に行くという話しが木曜日の夜にあっていた。
麻麻猫もダーも声をかけられていた。
でも、もしかしたらお茶するかもしれないし、でもって麻麻猫は金曜日は一日新人さん指導にあたる予定だった。
新人指導は体力と精神力を相当必要とするので、無茶苦茶つかれる。
できるなら飲むなんてことで体力を消耗したくないので断った。
しかしダーはむかつく順番を組みやがった。
①社員さんと飲む
②みんなとのみに行く
③麻麻猫とお茶をする
この順番ですよ。
で、結局①は昼間話ができたので却下。
奴はさっさと②を選んだ。
夕方内線で「飲みにいってきます。」だと。
「怒ってる?」という問いかけに「怒ってないよ。」と返事したけど、内側でははらわた煮えくり返っておりました。
これが、普段よく会ってたりしての結論だったらわかるけど、先月だって中旬にほんの少し会っただけだよ。
まぁ、来週の飲み会がいわゆる誕生会で、ダーも主役の一人な訳だが「自分が主役の飲み会なんて出たくないので、今日行っときます。」なんて言ってたけど。
麻麻猫のダーの嫌いなとこは、そんな事言っておきながら、結局本番も参加するとこ。
今まで似たような事は結構あった。

くっそぉ、なんでこんな奴に惚れたんだ・・・
とマジで思ってしまう。
はぁ、そろそろ一言本音言っとこうかな。
今までは不倫がほとんどだったから、都合のいい女でいたほうが相手にとってよかったと思うけど。
実際長く付き合った人には「お前はいい意味で都合のいい女だった」って言われたけど、不倫でもない相手に「都合のいい女」扱いされたら終わりだし。
うぅ、なんだか陰気さが漂う日記だなぁw
30毒女っぽい?w
2006/05/29 (Mon)
今日は珍しく、だーが麻麻猫の席までやってきた。
かつて麻麻猫のチームにいて、あまりにも無茶苦茶な仕事をする為辞めてもらった奴の置き土産について聞きにきた。
それは、途中までお客様対応をしていて、事前の調査に行った際お客様がいなくて調査ができず、ずっとほっとかれた分。
それが今年の1月から放置状態だったのが発覚したわけ。
爆弾と麻麻猫は呼んでいる。
「麻麻猫さん、これ、爆弾ですよね。」
ダーがそういうのに思わず顔を見合わせてしまった。
近くで直視するなんて久しぶりじゃーんっ

が、麻麻猫はさっさと顔を背けた。
「わかった、対応する。お疲れさん。」
・・・きっとダーからすると凄い冷たい対応だったに違いない。

だって、今朝のメールにちょーむかついたんだもん。
「昨日はメールありがとうございました(誕生日メールの事)。
またしばらく忙しいスケジュールが続きますが
時間が空いたときでもまた逢いましょう。」
だって。
時間が空いたとき「でも」ってなんだよっ。
つぅか時間作れよっ!!

・・・とダーに言いたいけど、言えなくて。
これは麻麻猫的には伝家の宝刀だと思ってるから、まだ言わない。
伝家の宝刀も、使いまくってただの錆び刀にしちゃったら意味ないし。

うぅなんかストレスだぁ。。。
2006/05/25 (Thu)
麻麻猫のダーは7つ年下。
同じ会社に勤めている。(派遣社員だけどね)
けど、フロアは違うのでなかなか社内では顔をあわせない。
昨日の夜は、どうしても日記に書いたことが言いたかったので電話をした。
付き合い始めたのは今年の2月。
まだ3ヶ月しか経っていないのにすでに放置状態なところが悲しい。。。
ストリートダンスの先生もやっているので、そっちのレッスンやイベントが目白押しで、更には会社も今、大きな改革をやっているのでそのことで忙しいらしい。
先週は一回も電話もメールもよこさなかった。
っていうか一回電話をするとゆうに2時間は話しているので、翌日がきついのが本音らしい。(いつも12時半くらいにかけて2時から2時半くらいまで話す)
それは先日の電話で言われた。
一方的に麻麻猫が切らないからだと言いやがったが、おめーもだろっと心で突っ込んでやった。
でも昨日の電話は結局11時から1時半まで。

で、今日は偶然にも二人っきりで社内遭遇をした。(いっつも誰かが通ってたり、誰かと一緒だったりする)
「元気ないですか?」
「うん、ちょっとだけね」
一言だけ言葉を交わしたけど、その時の奴の笑顔が、か、かわいい・・・
最初は奴がべたぼれって感じだったけど、最近は麻麻猫がそんな感じになってる。
ああ、いかん・・・
まちっと大人にならなきゃだわ。
HOME
忍者ブログ[PR]